スキンケアの道具を使いこなそう

スキンケアの道具に気を使っても、手の使い方次第で効果がまるで違うんだそうです。
力を入れてマッサージすると、肌に負担がかかってしまい、化粧水や乳液の効果を得られません。マッサージ以外にもコットンを使ったパッティングも強すぎるとダメです。
スキンケアの力加減を考えるとき、イメージするのは桃です。桃は強く触ると皮が簡単に破けてしまいますよね。
桃の皮を破かない程度の力加減でパッティング、マッサージしましょう。すると肌に負担がかからず、美容効果をしっかりと得ることができます。
マッサージをする時の手の形はどうでしょうか。適当にやっているという人が多いんじゃないでしょうか?
顔をマッサージする時は、手のひらで肌を包み込むようにしましょう。そして動きはゆっくりと。肌に負担をかけないよう、このことを意識してマッサージを行うようにしてください。
肌に負担がかかってしまうと、スキンケアの効率ががくっと落ちてしまいますから、手の使い方にも気をつけてくださいね。

美容エステの種類と効果-それぞれのメリット!